歯ぐき下がり 治す 歯磨き粉

歯ぐき下がりを予防する歯磨き粉!

 

歯ぐき下がり,治す,歯磨き粉

 

 

歯茎は下がってしまうとそれ以上下がらないようにすることはできますが、元の高さには戻りません。

 

元の高さに戻すには整形するような手術になってしまいます。

 

なので、一番大切なことは予防することです。

 

歯ぐき下がりの原因で一番多いのは歯周病です。

 

つまり、歯周病を予防することが歯ぐき下がりを予防することになります。

 

そこで、歯周病予防に効果のある歯磨き粉を人気順にランキング形式でご紹介したいと思います。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯ぐき下がり,治す,歯磨き粉

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・もっとも強力なブラジル産プロポリスを配合

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、その殺菌力で歯周病や口臭を予防します。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病や口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病や口臭を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防します。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を抑制します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病の炎症を緩和します。

 

・茶エキス

 

  消臭作用があるので歯周病による口臭に効果を発揮します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅々まで行き渡らせることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯ぐき下がり,治す,歯磨き粉

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病菌や虫歯菌、口臭を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。

 

・歯科医との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯ぐき下がり,治す,歯磨き粉

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病の症状や口臭を緩和します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んできません。

 

・サンゴや貝殻など、天然由来の研磨剤を使用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯ぐき下がり,治す,歯磨き粉

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯ぐき下がり,治す,歯磨き粉

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

歯茎が下がる原因

 

歯周病

 

歯茎が下がる原因のほとんどが歯周病です。

 

歯周病に感染すると歯槽骨という歯を支えている骨が溶けてきます。

 

この歯槽骨を覆っているのが歯茎で、歯槽骨が溶けて下がってくると歯茎も一緒に下がってしまいます。

 

歯茎が下がってくると歯茎が異様に長くなってしまい、見た目にも良くありません。

 

また、一度下がってしまった歯茎を元に戻すことは基本的にできません。

 

見た目だけでも何とか戻したいとなると美容整形のような手術が必要になります。

 

 

 

歯磨き

 

歯を磨くのに硬めの歯ブラシを使っていると歯茎が下がってくることがあります。

 

人によっては硬めの歯ブラシでゴシゴシ磨かないと磨いた気がしないという人もいるかもしれません。

 

硬めの歯ブラシでゴシゴシ磨くと歯や歯茎を傷めますし、磨き残しも多くなります。

 

また、そのことが原因で知覚過敏になることもありますので気を付けましょう。

 

出来ればやわらかめの歯ブラシを使って、あまり強く押し当てずに歯ブラシのの弾力を利用して毛先で磨くようにしてください。

 

 

 

歯並び

 

歯並びが悪いのも歯茎が下がってしまう原因になります。

 

歯並びが悪いとかみ合わせが悪く、歯茎に余分な負担がかかり、歯茎が下がる原因になってしまいます。

 

歯並びやかみ合わせを改善しなければなりません。

 

歯医者さんに相談しましょう。

 

 

 

加齢

 

歯茎は加齢によっても下がります。

 

また、年齢を重ねると歯周病の感染率が上がるので、加齢でというよりも歯周病が原因なのかもしれません。

 

 

 

 

 

歯ぐき下がりの予防

 

正しい歯磨き

 

「歯ぐき下がる原因」のところでも書きましたが、まず硬めの歯ブラシを使っている方はやらわかめの歯ブラシに変えるようにしましょう。

 

硬めの歯ブラシでゴシゴシ磨くと歯茎を傷め、歯ぐき下がりや知覚過敏の原因になります。

 

やわらかめの歯ブラシの毛先を使って上手に磨いていきましょう。

 

歯ぐき下がりのおもな原因である歯周病は、歯垢をきれいに取り除くことで予防することができます。

 

歯垢がたまりやすく、歯周病菌が増殖しやすい歯と歯茎の間の歯周ポケットの汚れをきれいに掃除してください。

 

「正しい歯の磨き方」の項では、動画もありますので参考にしてください。

 

 

 

ストレスをためない

 

ストレスをためると睡眠中に歯ぎしりをすることがあります。

 

歯ぎしりの力は相当強く、ガムを強くかんだときの10倍近くの力が入ります。

 

その負担が歯茎に直接きてしまいます。

 

また、ストレスをためると免疫力が下がるので歯周病に感染するリスクが高まります。

 

簡単のものでいいのでストレスがたまらない工夫を毎日の生活に取り入れましょう。

 

 

 

 

 

正常な歯茎の高さとは?

 

正常な歯茎の高さは、永久歯が生えそろってからしばらくして安定した状態の10代後半くらいの頃の歯茎の高さです。

 

その後は下がるか現状維持するしかなく、自然に元の高さに戻るということは残念ながらありません。

 

歯茎が下がる原因は様々ありますが、その多くは歯周病です。

 

年齢を重ねるとともに歯周病の感染率が上がります。

 

40歳で3割、50歳で5割以上の方が歯周病に感染しているそうです。

 

 

 

歯茎が下がると起こりやすいトラブル

 

 

根面齲蝕(こんめんうしょく)

 

根面齲蝕とは歯の根元の部分が虫歯になることを言います。

 

下がった歯ぐきの部分は柔らかい象牙質の部分が出てきてしまい、虫歯になりやすくなります。

 

根元の表面部分が黒くなってきて歯の根元を1周してしまうこともあります。

 

ちょうど歯と歯茎の境目になるので治療もやりにくいようです。

 

 

 

知覚過敏

 

歯の根元がの敏感な部分が露出して、冷たいものや熱いものなど刺激のある物に敏感になってしまいます。

 

酷い場合には治療も必要になってきますが、軽いうちは専用の歯磨き粉を使って丁寧に磨けば治ってしまうこともあります。

 

 

歯周病

 

歯茎が下がってくると象牙質というやわらかい部分が露出しますが、その部分を歯磨きでゴシゴシ磨いてしまうと傷つきやすく、その傷に細菌が入り込んで繁殖するので歯周病のリスクが高まります。

 

 

根面齲蝕の再発

 

根面齲蝕を治療しても、また歯茎が下がってしまうと同じことの繰り返しになってしまいます。

 

 

見た目が悪い

 

歯茎が下がってくると歯と歯の隙間が大きくなったり、歯が異常に長くなって見た目が良くありません。

 

笑ったときに歯が異常に長いとちょっと引いてしまいますよね。

 

 

 

 

 

歯石を取る理由

 

歯石は歯垢が石灰化して固まったもので、石のように固くなって歯にくっついてしまいます。

 

歯石が付いたせいで歯茎が下がるわけでもなく、それ自体は何かの病気を引き起こすわけではありません。

 

ただ、歯石の表面は非常に凸凹していて、細菌の住処になってしまうからです。

 

その細菌が原因で歯周病になり、歯茎も下がってしまったりします。

 

つまり、歯石が付くと歯周病になりやすいために取り除いているんです。

 

 

 

歯石を取ると歯茎が痩せる?

 

歯石を取ったからと言って歯茎が痩せることはありません。

 

これは歯石を取る前に炎症を起こしていた歯茎が元に戻ったことによるものです。

 

元の健康な状態に戻っただけなので心配いりません。

 

また、歯石を取るときに使う器具のせいで歯茎が下がってしまうのではという心配をする方もいるようですが、それが原因で歯茎が下がることはありません。

 

それよりも、歯周病になるリスクのほうが大きいので定期的に取るようにしたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

歯の治療後に歯ぐき下がりが気になる?

 

歯を治療するときに銀歯などの被せものをするときがあります。

 

被せものをすると歯と歯茎の間が少しづつ現れることがあって気になることもあるかと思います。

 

見た目にはあまり良くありませんが、機能的な面ではそれほど問題はありません。

 

しかし、被せものは人工物であるため虫歯になるリスクはありませんが、露出した部分は虫歯になるリスクがあります。

 

ただ、歯磨きをしっかりしていれば被せていようが被せていまいがリスクは同じです。

 

 

 

 

 

被せものをした後に歯茎が下がる理由とは?

 

被せる前に歯茎の腫れが残っていると、被せものをした後歯茎が元に戻って根元が露出してしまうことがあります。

 

また、見た目にはよくありませんがあえて根元まで被せていない場合もあります。

 

理由としては根元まで被せようとすると歯を削る量が増えたり、歯を削る際に歯茎を傷付けやすいということがあります。

 

他にも被せものをした後、歯を磨く際に歯茎の内部のほうまで磨きにくいということもあります。

 

 

 

 

 

正しい歯の磨き方

 

歯ブラシは1ヶ月に1本は替えるようにしましょう。

 

毛先が広がっている歯ブラシをいつまでも使っている方がいますが、歯ブラシは毛先を使って磨くので毛先が広がった状態では綺麗に磨けません。

 

そして、歯磨きの前に歯ブラシを水で濡らすのはいけません。

 

泡立ちが早いと歯を磨いた気分になり丁寧に磨いたか分からなくなってしまうからです。

 

歯磨き粉を大量につける人もいますが、少しつければ大丈夫です。

 

たくさんつけると磨き残しができたり、大量の研磨剤で歯を傷つけてしまいます。

 

また、硬めの歯ブラシでゴシゴシ磨くのも歯茎を傷つけてしまうので良くありません。

 

歯ブラシは柔らかめのものを使うようにしましょう。

 

やわらかい毛先の弾力を利用して、歯と歯茎の間に斜めに軽くあてて小刻みに磨いてください。

 

デンタルフロスや歯間ブラシを併用すると歯と歯の間の歯垢をきれいにとることができます。

 

磨いた後のうがいはやり過ぎると歯磨き粉の有効成分をきれいに洗い流してしまうため、ほどほどにしましょう。

 

少しの水で、1〜2回ゆすげば十分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯周病に効く歯磨き粉の選び方

 

殺菌効果のあるもの

 

歯ぐき下がりの原因で一番多いのは歯周病です。

 

歯周病を予防するには丁寧に歯磨きをして歯周病の原因菌を除去することが大切です。

 

歯周病菌は細菌の塊である歯垢を歯磨きによって取り除くことで除去できます。

 

しかし、いくら丁寧に歯を磨いても完全に歯垢を取り除くことはできないといわれています。

 

なので、歯磨きでとれない残った歯周病菌を殺菌するために、殺菌効果のある成分を含んだ歯磨き粉を選びましょう。

 

殺菌効果のある成分

 

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
・塩化セチルビリジニウム(CPC)
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸dl-α-トコフェロール

 

これら以外にもプロポリスやハーブなどの殺菌効果の高い天然成分を配合したものもあります。

 

 

 

炎症を抑える効果のあるもの

 

歯周病になると歯茎が腫れてきますが、その部分の歯周ポケットが深くなって歯ブラシの毛先が歯周ポケットの奥まで届かなくなってしまいます。

 

歯周病菌は嫌気性(けんきせい)といって空気に触れることを嫌う性質があり、空気に触れない歯周ポケットの奥などで増殖します。

 

そのままにしておくと、歯周病対策で一番大切な歯磨きで歯周ポケットの奥まで磨けなくなってしまうので、歯周病が悪化してしまいます。

 

また、歯茎が腫れてくると痛みを伴うこともありますので、これも丁寧な歯磨きができなくなってしまいます。

 

なので炎症を抑える効果のある成分を含んでいるものにしましょう。

 

 

 

研磨材を含まないもの

 

歯磨き粉の中には、歯の汚れを落とすために研磨剤を含んだものがありますが、歯周病に感染している人にとってはあまり良くありません。

 

歯周病になると歯茎が下がり歯の根元の象牙質というやわらかい部分が露出してしまいます。

 

この象牙質はとてもやわらかいので、研磨剤の入った歯磨き粉を使ってゴシゴシ磨いてしまうと傷がついてしまいます。

 

この傷に細菌が入り込んで増殖し、歯周病が悪化したり、虫歯の原因となってしまいます。

 

なので、歯周病対策の歯磨き粉としてはなるべく研磨剤を含まないもののほうがいいでしょう。

 

どうしても歯の黄ばみが気になる場合には、1日三回の歯磨きのうち1回は研磨剤入りの歯磨き粉で軽く磨くなど工夫するようにしてください。

 

また、歯茎が下がっているなどの症状がなくて、歯周病予防として使用する場合には研磨材を含んでいても差し支えないと思います。

 

主な研磨剤の成分

 

・リン酸水素カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・炭酸カルシウム

 

研磨材は清掃剤と表記されていることもあります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

歯茎は下がってしまうと手術しなければ元に戻ることはありません。

 

大切なことは歯ぐき下がりを予防することです。

 

歯ぐき下がりの一番の原因は歯周病なので、歯周病にならないようにしっかり予防しましょう。

 

一番のおすすめはやっぱりランキングでも1位だった「プロポデンタルリンスR&C」です。

 

今一番売れている人気の商品です。

 

一度公式ページのほうを見てください。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】